2015/09/21

DQ10休止します(ブログはもう少しだけ更新予定)

タイトルのとおりです。
今までサービス開始より一度も課金を切ったことはなかったのですが、色々思うところがありしばらくDQ10から離れることに決めました。
3.0のストーリーが完結する頃にストーリー消化で戻ってくる予定です。1年後ぐらいですかね。

離れることを決断した明確なきっかけがあったわけではないのですが、リアルが以前より忙しめになったりだとか、DQ10に対するモチベーションが少しずつ下がっていってたり不満がちょっとずつ蓄積してiいったり。
人と絡んで遊ぶ事がほぼほぼない私的には、いわゆる週課的なコンテンツの消化が作業的になるのがどんどん虚しくなっていったりとか、平行して遊んでいたゲームのほうが楽しくなってきたとか、まぁ色々重なり合いまして。
今月末からしばらく遊びたいPS4タイトルが目白押しなこともあり、一度ばっさり切る事を決めました。
既にここ2週間ほど全くログインしていない状態でしたし、月額料金を支払っていたクレカの登録も先ほど外しましたので、このまま静かにフェードアウトしていく予定です。

ちょいちょい書けていなかったブログネタが溜まっているので、それは片付けておこうと思います。
とはいえ賞味期限切れのネタばっかりなのですけどね。
「ぼっちプレーでのチムクエ消化」のネタは一度まとめておきたいとずっと思っていたので、それを題材に数本記事を上げる予定です。
もうしばらくブログの更新は続くので、休止にあたってのまとめの言葉・お別れの言葉的な記事は、
それら全部書き終えてからにしようと思います(とか言ってるとまた更新止まるぞお前…)

2015/09/07

ドレスアップ二点(プク僧侶大賢者、エル子魔パピヨン)

日記の更新が滞っていた間の出来事を、可能な範囲で日記に掘り起こしてみます。
ほぼTwitterからの引用になります。 Twitterで書いちゃうから日記書かなくなるんだよな…

時期的には3.0前期。サブの調理プクキャラに精霊王セットを買い与えたのですが、そのドレスアップに大賢者のほうい+頭に調理職人のコック帽をあさぎに染めて乗せてみました。
花がすごく高かったです…

装備の中身は封印・即死・マヒ・踊りあたりの耐性がついていて、主に2垢2サポで試練やピラミッド回す時に連れて行ってます。
調理プクは常時この僧侶で預けているので、僧侶をサポで使いたい時にメインやセカンドキャラを酒場に預けなくても済むのが楽で助かっています。
いちいち「僧侶に転職→酒場に登録してゲーム一旦終了→もう一人のキャラから雇う→僧侶キャラを再度inさせる」という手順を踏むのは結構面倒ですからね…
メイン2キャラほどの強さはありませんが、そこそこの敵相手ならちゃんと回してくれる有り難い僧侶。

こちらは3.0後期に入ってから。パピヨンドレスを衝動買いして、魔賢用の攻魔退魔にかぶせました。
ドルボード乗るとスカートの中身が丸見えになっちゃうのが気になってます。風圧完全ガードの宝珠の実装が望まれるところ。

2015/08/30

ver3.0前後期 総括

ver3.1前期が始まってもう1週間になろうとしていますが、何かしら記録は書き残しておきたいので。

リアル仕事が忙しかったため、3.0前期の終了前後は何もブログの更新が出来ませんでした。
今は多少は楽になっていますが、それほどインする意欲は上がっておらず、週末ある程度まとめてプレーする以外は平日はあまりインしない状態が続いています。チムクエもややサボリ気味。

また、今回初めてストーリーをクリアせずにバージョンアップを迎えることになりました。
ストーリーの続きが気にならないわけでもないですが、2.0シリーズほどモチベーションが続きませんでした。単純に3.0ラスボス強いですからね。1人+3サポにするか、難易度下げればいくらでもやりようはありますが、急ぐこともないかなぁとそのままほったらかしにしています。

dqx_20150824_level

各キャラのレベリング・資産状況。
さすがに3.0では終わるだろうと思っていたセカンドキャラ(ツボキャラ)のレベルカンストが未達。
やー、さすがにのんびりしすぎましたかね。
メインキャラが3.0前後期合わせてのプレー時間が180時間弱、ツボキャラは120時間程度ということで、4ヶ月近くあってこのプレー時間はさすがにどうなのか。
他のゲームに割く時間が増えたこともあり、順調にプレー意欲が減退中です。

dqx_20150824_tokkun

今回からつけることにしてみたメイン2人の特訓の進捗。
どのぐらい進んでいるのか見えにくかったので可視化してみたくて集計したのですが、メインエル子の方は半分近くまで進んでいることが分かって、思ったよりやっているんだなと発見がありました。
3.1以降は多少は真面目に試練とかやろうと思っているので、もうちょっとは進んでいると思います。

dqx_20150824_acc91

こちらも今回からつけてみることにして主だったアクセ進捗。
完成しているアクセは3.0より前からこの状況ですが、ソサリとオシリスのブローチ。
討伐数のところはそれぞれ該当コインボスの並+強+ぷちの討伐数です。

dqx_20150824_acc11

こちらはセカンドキャラ分。
アクセゲット数、合成を行った回数はほぼ同じはずなのに、こうも差異が出るのが面白いです。
完成済みのアクセはアヌビスのブローチのみ。

3.0期間の主だった出来事については、振り返りが出来るほど私がマメにブログをつけていなかったので、あまりネタがありません。前期の頃にニ垢二サポで初めてヘルバトラー強を倒したり、ニ垢2人でキングヒドラ強や三悪魔、マジンガを倒したり、オートマッチングでドレアム倒しに行ったりとかそのぐらい。
むしろ、ブログに残していないネタがかなり多いので、バージョンは3.1に上がってしまいましたが、3.0の頃のネタもちょいちょい掘り起こしていきたいと思います。

更新頻度が激減しているのと、極限トップからのリンクが無くなったこともあってそれなりにアクセス数が減っていたりする当ブログですが、一人でも見てくださる方がいる限り、私がDQ10を続けている限りは何らかの形で情報発信は続けると思いますので、今後とも宜しくお願い致します。
何もない駄文だらけのブログですがね。

2015/07/31

PS4版DQ10が出たらとても便利になる事:リモートプレイ編

先日のDQ新作発表会にて、DQ11の他様々な作品の発表が行われました。
その中のひとつに、DQ10のPS4版発売発表がありました。
よく任天堂が許可出したなぁなんて思いつつ。
めちゃくちゃ気が早いですが、PS4のちょっと便利な機能を取り上げてみます。
日課ライフがちょっと快適になるかもしれないですよ。

他機種版と比較してPS4の最も特徴的な点は、ずばり「リモートプレイ」にあると考えます。
どういう機能かというと、PS4とPSVitaをペア登録しておくことで、PS4の画面をVitaに映して遠隔操作ができちゃうという機能です。WiiUにおけるWiiU本体⇔WiiUゲームパッドの組み合わせが
PS4⇔PSVitaに置き換わる、と考えてもらえればいいです。
WiiUのパッドは壁1つ挟むと電波がほぼ届かなくなってしまうので、使う場所の制約が結構あったのですが(何かの作業をしながらのついでのぽちぽち作業とかがきつい)、PSVitaのリモートプレイはワンルームな我が家の玄関の外まで行っても余裕で繋がるなど、接続の安定性は上だと思います。環境次第ですが

また、Vitaのリモートプレイはネットが繋がりさえすればOKなので、過去に私がやった極端な例で言うと「実家に帰省中の特急電車の中で、VitaのリモートプレイでDQヒーローズ(PS4)のレベルアップ作業をやった」というとてもアレな実例があります。
この時Wifi環境は無かったので、iPhoneのテザリング(インターネット共有)を利用して、Vitaをネット接続可能な状態にしていました。
携帯でスマホゲーをぽちぽちするのとほぼ変わらない感覚で、出先でPS4のゲームが遊べてしまうというのは軽くカルチャーショックでした。事前に設定しておけばVitaの操作だけで家にあるPS4の電源を入れることも可能なので、予めPS4を立ち上げておく必要もないといういたれりつくせり感。

そうは言ってもネット回線経由での画面表示になるため、遅延はどうしても発生するのでアクション度が強いコンテンツには向かないです。
が、例えばギルドの納品だとかカジノのスロットぽちぽち、放置強ボスぐらいなら電車の待ち時間だとかそういう隙間時間でもやれちゃうんじゃないのかなと思います。
そこまでしてDQ10をやるのかという根本的な問題、リモートプレイやろうと思ったらVitaもセットで買わないといけないよという金銭的な問題はありますが、PS4版が出ることによってDQ10ライフの選択肢・可能性が広がることはいいことだと思います。
私はPS4版が出たら間違いなく買います。そして、緊急時のリザーブとして使用するために普段は寝かせてるWiiUを撤去してやります。

■リモートプレイに関するSONYの公式ページはこの辺
■詳しい設定手順等は公式のマニュアルページ参照

■ざくっと設定手順
20150731002415

PS4側。
「設定」アイコンを選ぶと「リモートプレイ接続設定」という項目があります。
ここで「機器を登録する」を押すと8桁の数字が表示されます。画像では「PSVita/PSTVと直接接続する」のチェックが外れていますが、つけておいたほうが登録がスムーズです。

※ネットワーク経由で電源を入れる設定はここではなく「省電力設定」画面からの設定になるので、
 外出時の使用時などVitaからPS4の起動を行いたい場合は別途設定しておきましょう。

20150731021142

上の画面を表示させた状態で、続けてVita側の操作。

2015-07-31-004719

2015-07-31-021846

「PS4リンク」のアイコンをクリック後「リモートプレイ」を選択すると、接続待ちの状態になります。
初回接続の場合は少し待った後番号を入力する画面になるはずですので、PS4側に表示させた8桁の数字を入力します。晴れて接続が成功すれば、Vitaの画面にPS4の映像が映ります。
一度ペアリング登録が完了すれば、2回め以降は番号の入力なしに即繋がります。

20150731005332

 上:我が家のPS4  
 下:我が家のPSVita(スマホで画面直撮り)

IMG_0784

ね、簡単でしょ?

以上、現時点ではDQ10とは全く関連がないPS4の紹介記事でした。
ここで紹介したリモートプレイはPS4の標準機能ですので、当然ながら発売済みのDQヒーローズでは問題なく使用できますし、今後出るヒーローズ2やビルダーズ、そしてDQ11にも適用できるものと思われます

2015/05/31

二垢ふたりで伝説の三悪魔討伐

3.0ストーリー道中で拾ったカードの期限が迫っていたので、チームの相方と行ってきました。
15分20秒ぐらいの激闘となりましたが、無事勝てました。

構成は私が賢・魔。もう1人がレン・魔戦。
まもりのきりで各種ブレスをしのぎ、SHTやテンションバーンは洗礼で解除しつつ、
ヒドラに攻撃を集めて早めに落とします。
この時は結局2分たってもヒドラ残っちゃってたのですが、レンジャーのまもり/あんこくのきりの効果が非常に強く、3体同時の状態でもなんとかしのげました。

2体になったら防御重視に頭を切り替えて、ゾンビに攻撃を加えていきます。
聖女を出来るだけキープするように動く必要がありますが、聖女してると僧侶自身による回復が止まってしまうので、そのタイミングでは賢者を回復に回していました。
賢者・僧侶を1人で操作しているので、この部分の連携は完璧なのです。
戦闘中に考えることが出てきてしまい双方の手が止まりがちで、危険な組み合わせでもありますがね。

ネクロゴンドへの対応は一度モロに食らってあひゃーとなりましたが、以降はコツというか視点の置き方というか、とりあえず慣れて直撃は喰らわなくなりました。
とにかく、何があってもブロスを視界から外さない。バラモスと違って即飛びしないといけないパターンがないので、少々反応が遅れても何とかなりそうな感じなんですかね。
その代わり発動までがかなり長いパターンがあって、3回飛ぶこともありましたけどw

なお、2回行って1勝(破片)1敗でした。
15分かけて倒してへろへろになっているところにもう1枚カードを投げに行ったのですが、テンションバーンを見落としてあっさり壊滅しました。
ありゃあ連戦は無理だ。疲れる。